仕事から帰ってきた夫が
着替えもせずに背を向けて、
何か始めた。



回り込んで、見てみれば、



すると、夫が話し始めたわ。

日曜日のこと。娘たちに言われたんだって。



でも、その時は面倒で先延ばし。



そして、月曜日。
会社のトイレで、夫は気づく。



その日は、1日
うつむき加減に仕事をし・・・
「やっと帰れる!」
帰宅ラッシュの電車の中。



隣を見れば、すごい美人が立っていた。



夫は気づく、自分の右の鼻毛の存在を!

身動きの取れない車内、
右側には美女が!



夫は心から後悔した。



それで、帰宅後すぐに
鼻毛の処理をしていたというわけなのだ。

すると、長女が言った。



いつもの毒舌はどこへ?
優しい長女の言葉は
夫の心のやわらいかい場所をしめつけた。

でもね、やっぱり
長女は裏切らない!



呑気に笑っていたら、長女に言われた。



笑っている場合じゃなかったわ!

右だけ鼻毛ボーボーの
中年おじさんの奥さんって、
この私だわ!




□■□■□■□■□□■□■□■□■□
ほんと、夫と知り合って29年・・・。あんなに見つめ合って、胸ときめかしていた2人はいずこへ? もはや『魂』のレベルで会話しているといった感じか? もし私が整形しても、夫は気づかないかもしれないわ。 それにしても、なぜ右だけ? 鼻にも右利きとかあるのだろうか? 人体の不思議だわ。