あれは・・・
まだ長女が小さかった頃。



えっ、ゴミ拾いのボランティア。
いいじゃないの!



そうして、張り切って参加した
ゴミ拾いのボランティア。



いざ、ゴミ拾いは始まった。



また、長女が言った。



開始早々、私は思った!



と、そんな時だった。



長女が手にした火挟の先には!



大変なものが摘まれていた。


正直に伝えることもできず

かと言って・・・

ゴミ拾いのボランティアに来て
「汚いから、ポイしなさい」と
言うことも憚れ・・・



どうにかその場は
やり過ごせたのだけど、

その後も、まぁ長女が拾うわ、拾う。



子供の社会勉強に、もってこいね!
そう思って参加したゴミ拾い。

のはずだったのだが・・・



大人の社会勉強?

私はこの経験を経て、
知られざる河原の実態を
知ることとなった・・・。
 



□■□■□■□■□□■□■□■□■□
本当、驚いたわよ! 違うお勉強になっちゃったじゃない! って、河川敷のゴミ! どこの誰だか知らないけど、声を大にして言いたいわ! 食べたら食べっぱなし、飲んだら飲みっぱなし、やったらやりっぱなし!(だから何を?)ダメダメ!!!ゴミは各自で持ち帰りましょうねーーー!