今日は11歳の次女の誕生日。

11年前の今日、
私は次女を帝王切開で出産した。

妊娠17週で地元の病院に入院し、
当初、お腹の子は諦めてください、
育たないと言われながら1ヶ月。

その後、東大病院に転院、
そこで3ヶ月の入院生活の末、
次女は生まれた。

そんな次女の出産については、
1冊目の本に書いたのだけど、
ブログにはまだ書いてなかったので
今日は、そのことを書こうと思う。


2006年7月12日 午前8:20

img170

入院生活4ヶ月、
ようやくこの日を迎えられた!

あの日も今日みたいに
とても暑い日だった。

夫、長女、父、母、姉が、
汗を拭きながら、
病院に駆けつけてくれたから
よく覚えている。

img171

手術室の前まで
家族はすごいエールを
私とお腹の子に送ってくれた。

img172

家族に見送られ、手術室に入ると、
まずは・・・

img173

そして、横を向いて脊髄麻酔をかける。

img174

しばらくすると、
反対側に寝返るように言われた。
麻酔を体に巡らせるためのようだ。

img175

体を動かして、麻酔を循環させたら
先生が氷を太ももに当てて聞いた。

img176

氷を当てられたところは、
ひんやりと感じたので
まだ麻酔は効いていないようだった。

再び体をいろんな角度に動かし、
氷を当て、確認される。

やがてなんとなく・・・

img177

自分でも冷たいのか冷たくないのか
感覚がわからなくなってきた。

でも・・・
適当な感覚で「冷たくない」なんて答え、
いざ手術が始まり

img178

なんてことになったら、恐ろし過ぎる!

ここはかなり慎重にならなくてはいけない!

img179

そう言い続けていたんだけど・・・

あら、もういい加減、効いてきた?

img180

ちょっと!!!なんなの!!!!
まだ答えている途中なのに!!

img181

もう始めちゃうんかい!!

怖い!怖いわ!
初めての帝王切開、
いや、手術そのものが人生初なんだから!

img182

その時、私の鼻に伝わってきた
何かの匂い・・・

img183

この匂いって!!!

私の特上カルビでしょうか!!!


img184

すでに、
電気メスで切られているじゃん!

でも、心配することはなかったわ。

img185

やがて、
お腹の奥をえぐられるというか
すごい大きなものを
引っ張り出しているような感覚に襲われた。

そうね、イメージはまさにこんな感じ!

img186

内臓全部引っ張り出す?
そんな気さえしたくらい。

すると、遠くの方で、
赤ん坊の泣き声が聞こえてきた。

あれはまさか私の・・・

すぐに顔の台が外された
私の目に飛びこんできたのは

img187

これが、まさに長い入院生活、
私と共に頑張ってきた次女との対面。

私は心から思った。

「長い間、よく頑張ったよ!
あなたも! そして、私も!」



友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
手術をしてくださった先生曰く、私の胎盤は真っ白で、栄養が取れていたのが不思議なくらいと。劣悪な子宮環境で、よく生まれてきてくれた。1590gと小さく生まれた次女だけど、今はすくすくと成長している。最近では本当に生意気なことも口にするようになり(長女にはまだまだ及ばない)カチンとくることもあるけど、これも大事な成長と思っている。誕生日は本人にとっても嬉しいものだけど、でも、親にとっても、出産した日のことをこうやって振り返る、なんだかすごく特別な日でもあるんですよね。

 


Tweet