昨日、夜8時半過ぎ、
私のLINE通知は鳴りやまなかった。



同世代の友人からだ。

そうだ、私たち世代にとって
野際陽子さんという女優は
ドラマ全盛期を盛り上げてきた女優のひとり。

どちらかというと主役というより
主人公のすぐ横にいる脇役。

でも、その存在感は絶対で、
彼女がいることによって
ドラマが数倍面白くなるという
名女優だったと思う。

野際さんのドラマで
私が真っ先に浮かぶのは
93年に放送されたダブルキッチン。

当時、普通の同居から
完全二世帯住宅が流行りだして



ダブルキッチンは
そんな二世帯住宅を舞台に
姑と嫁のバトルを描いた作品だった。



いつも和服を着て、家事は完璧、
「結婚したら女は家に入るべき」
という考えの専業主婦の姑と
(当時姑世代の多くはそんな考えの持ち主だった)
出版社でバリバリ働く年上の嫁。

姑の「当たり前」が
息子の嫁には通じない
そんなことから
いつも嫁姑はトラブルになる。

私がこのドラマにハマったのには
理由があった。
翌年に結婚を控えていたから。

彼(現夫)のお母さんは
着物こそ着てないものの
ドラマに出てくる姑そっくり!

友達に聞かれたらこう答えていたくらい。



意地悪って意味ではなくて
いつも凛としてて隙がなく
料理、掃除、すべて完璧という意味で。



同居の話は出ていないものの
こんなドラマのような展開が
待ち構えているような気がして!

だって、女の戦いは
すでに始まっていたのだから。

今でも忘れない、ある日のこと。



遊びに行った時、
お母さんにそう聞かれた私は



そう答えたら・・・



ここで早くも女の争い勃発だよわ!
それもなんで身長で?

お互い一歩も引かない
「あります!」「ないわよ!」
「あるんです!」「じゃ!」
という押し問答の末・・・



背中と背中を合わせ
背比べをする女ふたり!



今振り返れば、
なんでこんなことに競い合っていたんだろう。

いやいや、これが女の戦い?w

ドラマでは、
こんな嫁と姑の争いが
毎回出てくるわけだけど

いつも嫁姑は
腹の中にたまった怒りを
こんな風に吐き出していた。

一階では姑が鼓を打ち鳴らし



二階では、嫁が包丁を振り回し




毎回、これがおかしくて
見た後、なんとも
清々しい気持ちになり、
私も心に誓うのだった。



だから、
昨日の野際さんの訃報を聞き、
野際さんの残されたこのドラマと
今は亡き姑のことを思い出し
しんみりとしてしまった。



また素晴らしい女優さんが
いなくなってしまったことが寂しい。




□■□■□■□■□□■□■□■□■□
野際さんは年を重ねても、凛として素敵で、同性として憧れていた女性は多いと思う。友達から次から次に入ってくる野際さん訃報を聞いてのLINEを見て、改めて野際さんの女優としての存在の大きさを感じました。マリリンは、昨日すぐにに書いてました。

 


У нашей фирмы популярный блог про направление https://alfaakb.com.