金曜日は、
長女の高校の卒業式だった。

長女は朝からしんみりしてた。

スキャン 2778

その気持ちもわからなくもない。

長女は、
小学校から高校までの12年間、
同じ学校で学んできた。

そんな長女にとって、
今日の卒業式は、
通い慣れた学び舎と

そして、
12年間共に過ごしてきた
仲間との別れでもあるからだ。

いつもより少し早起きして、
身支度をし、

スキャン 2779

そう言って、
最後の制服に手を通した長女。

そんな長女を少しは
明るい気持ちにさせてあげようと

スキャン 2780

そう言ったら、
思い切り怒られてしまった。

スキャン 2781

そろそろ家を
出なきゃいけない時間なのに
なかなか家を出ない長女に

スキャン 2782

そう言ったら・・・

スキャン 2786

夫と私にさっと手紙を渡すと、
逃げるように出て行った。

21

まさか高校卒業の朝に
娘から手紙をもらうとは
考えてもなかった。

そこには・・・

6年間お弁当を作ってくれたこと、
忙しい中、
学校行事に来てくれて嬉かったこと。

妹が生まれて、
姉としてなかなか甘えられず、
素直な気持ちが伝えられなかったこと。

だから、学校行事は唯一
私(母)に一所懸命な姿を見せられると
張り切っていたと。

スキャン 2784

思えば、今まで
たくさんの衝突が長女とはあった。

その度に、私の姉に

スキャン 2770

そう愚痴を言うと、
姉は決まって、長女の肩を持つのだった。

スキャン 2771

手紙には、次女の私が
気付いてあげられなかった
長女としての心の葛藤が
素直に綴ってあって

それはまさに私の姉が
言っていたことに重なった。

そして、手紙を読み進めていくうちに

『この学校に入れてくれてありがとう』

その文字を見た時、
私は救われた思いがした。


私は長い間、悩んでいたのだ。
娘に良かれと、
小学校受験をして入れた学校。

でも、長女にとって、
本当にそれでよかったんだろうか?と。

学年が上がるに連れ、
当然勉強は難しくなり・・・

特に中学時代はテストのたびに、
大げんかになっていた。

スキャン 2772

そんなことの繰り返しで
ついには長女に

スキャン 2773

その言葉を娘の口から聞いた時
それまで私が思っていた
『娘のために』という考えは

スキャン 2774

そう思えたのだ。

そうだ、
小学校受験に本人の意思など何もない。
そこにあるのは、親の想いだけ。

あの日以来、私は娘には
何も言わなくなった。

今更ながらだけど、
長女にも選択肢を
与えてあげるべきじゃないかと
そう思ったからだ。

高校3年間は、
ノイジーババアはサイレントババアになり、

スキャン 2787

進路についても、
全部長女任せにしてきた。

そんな中で娘から
楽しい学校での話を聞くたび

スキャン 2775

そう思ったりもしたが、
でも、口出しはしない。
ただただ静かに見守ってきた。


だから、卒業式の朝、
長女からその言葉を伝えられ、
私はほっとしたのだった。


いつも大きな愛で包んでくれて、
私の居場所になってくれてありがとう。
私の味方になってくれて、
存在を肯定してくれてありがとう。

そして、
この学校に入れてくれてありがとう。
文句をたくさん言っちゃったけど
流して、卒業まで通わせてくれてありがとう。

この学校で学ばせてくれて
私は本当に感謝してます。ありがとうね。



卒業式の朝から
娘の手紙で号泣させられてしまった。

スキャン 2776

そして、夫がポツリ・・・。

スキャン 2785

そりゃそうだ!

その差は、
私が長女とケンカした日々の濃さだ。

長女と私には
言い争ってきた数の分だけ、
卒業を迎えた今日、
たくさんの思いがあるのだから。




↑この絵をクリックお願いします
更新の励みになります

友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
子育てが終わったわけじゃないのだろうけど、子どもが高校を卒業するって、こんなにも肩の荷が降りるものなんだなぁと。あぁー終わった!と、心底ほっとするというか。でも、うちにはまだ今度小5の娘がいるわけで・・・でも、長女の教訓を生かし、2人目は育てていけるそんな気がする。←甘いよ?
長女は卒業式の翌日、早速ピアスを開けに行ったw そして、今日からお友達と近場の卒業旅行に出かけて行った。



Tweet