先週の土曜日は、
CA時代の同期の忘年会だった。

幹事は持ち回り制で、今回は私。

「12月10日土曜日ね!
この日だけ今から抑えておいてね」

そうみんなに告げたのは、
まだ太陽がギラギラした真夏のこと。



4ヶ月も先の予定を抑える?

それはおばちゃんが多忙
というわけでは決してない。
むしろ、暇だ?

しかし、おばちゃんの1年は
若者のそれに比べ、
あっという間に過ぎていく。

いつかいつかと言っていたら
1年、2年なんてあっという間。
だから、時に流されないように
予定だけは早めに決めておくのだ。

11月初旬、幹事の私は、
グループLINEでお伺いをたてた。



おばちゃんの忘年会は、
開始時間がめちゃ早い。

そして当日、一応幹事の私は、
5分前に店に着いた。



入口でそう告げると



奥に入って行くと、



なんと、8人中3人も席に着いていた。

おばちゃんの多くは、
迷子になったらどうしよう
遅れたら申し訳ない
その心配から、大抵早めに家を出る。

だから、おばちゃんの忘年会は
集合時間より早く集まる。

でも、時には遅れてやってきて



こんな人も、たまにはいるけど。
まぁ、それも・・・
おばちゃんゆえのご愛嬌。

さて、定時を待って
宴会が始まったわけだけど、
広い店内、貸切状態。

お料理も待たされることなく、
飲み物も頼めば、サッと運ばれる。



店内におばちゃん特有の低い笑い声が響きわたる。
でも、まったく問題ない。

だって、
お客さん、他いないから。

そして、デザートを食べ終わり、
徐々にお客さんが入り出した頃。



集金だって、おばちゃんは速い。
なぜなら、この日に向けて、
小銭をせっせと貯め、
用意してきてるからだ。

そして・・・
お店の人にとても感謝されながら



おばちゃんたちは1次会の会場を後にする。

そのあと、
二次会でカラオケに行っても
まだ周りは1次会をしている時間。

カラオケもガラガラだ。



そして・・・
3次会はゴールデン街。



そこで、おばちゃんまた一杯。

そして・・・



3次会までフルに楽しんだ
おばちゃんたちの忘年会が終わりを告げる。



これまたちょっと早い
年越しの挨拶とともに・・・。



そして・・・

おばちゃんは家のベッドで静かに眠る。
すぐに寝息をたてて、夢の中。



3次会まで行って、
えっ、まだ12時って?

おばちゃんの忘年会は、
何から何まで早いのだよ zzzz・・・


↑この絵をクリックお願いします
更新の励みになります


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
終電を心配しながら、飲んでいた日々が懐かしい。同世代の忘年会は早く集合、早く解散。夜の街は危険がいっぱい、怖いんだもん!って、嘘つけ! 年々怖いものがなくなっていくおばちゃんたちですが、酔うとすぐ眠くなるそんなお年頃ゆえ・・・