春に台湾に行った時のこと。
猫村観光に行ったその日の晩、
ホテルに戻ると姉が言った。



猫のおやつだという。



そうして、もらってきたのがこれ。



モンプチクリスピーキッス。

日本に戻ると、長女は早速



そうなのだ。
あかるはかなり好き嫌いが激しい。
今まで買ってきたけど、
食べなかったおやつ多数。
果たしてこれは食べるかしら?

パッケージにはこう書いていある。



小袋を開けて、手に載せてみたけど


↑これは今回記事にするため撮った私の手ね

す、少ない・・・。
まぁ、おやつだからね。

長女はあかるを呼んだ。



あかるはいつもの疑い深い目で
近づいてきたかと思うと・・・

次の瞬間



すごい勢いで食べ始めた。
勢い余って、
長女の手にも噛くほどに。

「気に入ったみたいでよかったね」
その時は喜んでいたんだけど・・・。

あれが大変な日々の始まりだった。



いつものあかるの空腹タックル。

すぐにカリカリをあげたのに、
なぜまたタックルしてくるのよ?



おかしいと思って見にいくと、あら?




どうもあかるの狙いは、
あのクリスピーキッス?

「あれはおやつなんだって!」
そう言ったところで通じる相手ではない。

仕方ない。
私はあかるのカリカリの奥底に

クリスピーキッスを混ぜ込んだ。



これなら、クリスピーキッス欲しさに
いつものカリカリも食べるだろう。

そう思ったのに・・・
なんということでしょう!


あかるは上手に舌を使って、




奥底に隠したクリスピーキッスだけ
食べると、また私のところに催促にやってきた。



なんというテクニック!!
あなたほんとに器用だわ〜!

なんて感心している場合じゃなかった。
クリスピーキッス催促が止まらない。

先日、獣医さんに相談に行ったほど。
今試行錯誤、
なんとかおやつに止めようと頑張ってる。

あかるを夢中にさせた禁断の味


価格:373円(税込、送料別)


そんなに美味しいのだろうか?

↑この絵をクリックお願いします
更新の励みになります


↑LINEで更新通知が受け取れます
よかったら登録してね〜
 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
この間、Bちゃんちの猫にお土産に2袋あげたら、すぐにBちゃんから連絡があって「あかるのカリカリやばい!噛まずに飲み込んでいる。目が泳いでた!」クリスピーキッスにハマったあかる。みんなの家の猫ちゃんが『ちゅ〜る』にハマったと聞いて、買ったことがあったんだけど、ちゅ〜るには見向きもしなかった。なのに、クリスピーキッスにハマまりまくり!