子どもの頃、
私がくしゃみでもしようものなら



母親は、まるで鬼の首をとったようにこう言った。



そして、ここぞとばかりに小言を言うのだ。



自己管理の甘さを責めたてる。

前日に思い当たる節がなかったときには



3日前にまで遡り、
風邪を引いた原因をわざわざ
見つけ出してくる。


私は、よく加藤茶みたいなくしゃみをする。



その度に家族には、こう言われる。



しかたがないのだ。
これは子どもの頃の後遺症。


くしゃみをしても
母に怒られないようにと

私が身につけた技なのだ。



遊びに行った次の日に
体調を壊そうものなら
いつもの何倍も怒られる。

だから遊びに行った翌日は、

いつも以上にテキパキ機敏。

これも、この年齢になった今でさえ
抜けない習性。

熱が出たら、
果物の缶詰が食べられたり、

病人ならではのスペシャルケアー?は
あったものの、

私はいつも布団の中、
風邪を引いてしまったという
罪悪感を抱えながら休んでいた。

私にとって風邪とは、
そんな『負』のイメージだった。

ところが、あれは結婚して
初めて体調が悪くなった時だ。

私は今までの癖でガマンしていた。



しかし、ついに
こみ上げてくる咳をガマンしきれず




そう思った瞬間、
夫は私にこう言ったのだ。




私は自分の耳を疑ったわ。



可哀相、その言葉の裏には



そう言っているように、
私の耳には届いたのだ。



いつもより8割増しに見えた瞬間。

そのあと、私は同情されまくりの
被害者気分で

ベッドに横になりながら思ったわ。



それは生まれて初めて病人になった
ことから得られる心地よさだった。


その時、思った。
病人にはこうあるべきだ!と。

ただでさえ具合が悪いのに、
なぜ怒られて、
後ろめたさを抱えながら
病に立ち向かわなければならないのだ!

私も家族の体調が悪いときこそ
優しく接してあげようと!



心の中でそう誓ったあの日・・・。

ところがである。
GW明けの朝のこと。



長女のくしゃみを聞いた私は
まるで鬼の首取ったようにこう言った。



自分で嫌になるくらい
あの頃の母にそっくりである。

そんな中、夫だけはあの頃と変わらず



天使のままだ。

そんな夫を見て、私は反省する。

でも、でもね、母となった今、
少しだけあのときの母の気持ちも
わかる気がするのだ。

子どもが風邪を引くと母は心配だし、
大変なのだ!

そして、いつも母は



そんな使命感から、
徹底的な自己管理をして生活をしている。

だから、その反動で
つい安易に?風邪を引く子どもたちを
叱ってしまうのかもしれない。

風邪を引いたときくらい



そんな女神でありたいとは
思うんだけど、つい・・・。




↑この絵をクリックお願いします。
ランキングに参加してます






【Amazon】
カータン 著/小林 希(のぞこ) 著
ダイヤモンド社
2015-01-30



【楽天】


【のぞこの新刊でました!】
写真集のようなすてきな本です!
小林 希
エクスナレッジ
2015-05-02


□■□■□■□■□□■□■□■□■
子どもの頃、「早く寝なさい!」「早く(服を)着なさい!」「ほら、風邪引いた」「食べたら食べっぱなし、飲んだからの飲みっぱなし」母に言われるたび、疎ましく『わかってるよ!』とホント嫌な気持ちになった。でも、今、娘たちに同じこと言ってしまう。『うるさいな』と思われているのはわかっていても。

 


У нашей организации популярный web-сайт про направление ботокс.