いきなり主婦の皆さんに質問よ!

あっ、主婦じゃなくたって別にいいの・・・。

でも、主婦得意分野の質問よ!


では、問題です!





ほら、あなた!

そう!そこのあなたも大ファンでしょ?


もちろん、私も彼会いたさに

夕方スーパーに行くようにしてるわ!





わからないって?

もーーそんなこと言ってると、

主婦失格って言われちゃうわよ~


夕方のスーパーで、おばちゃんたちに、

氷川きよしくらい人気のあるアイドルといったら・・・


そう!!



             

夕方になると、どこからか現れる。

(どこからかって・・・いつもスーパーにいるけど・・・さ)


手に20%引きのシールを持った私たちのアイドル!



その名も、シール王子!



フラフラと肉売り場の前を通ると、

「あっ、あの姿は!!!」

そう!シール王子を見つけるわ!


でもね・・・

私はまだ王子に駆け寄って行くなんて

そんな勇気はないの・・・。


まだファンになって日が浅いから・・・。


だから・・・





王子の姿を見つけても、

ベテランおばさまファンのように、

すぐにシール王子のところになんか駆け寄れない・・・。


涼しい顔して通り過ぎる。


誰も聞いてないけど、

ちゃんと独り言を呟きながら・・・。






熱狂的シール王子ファンのおばさまは、

サインをねだる感覚で、自ら肉のパック差し出して


「これにも、貼って~」


と、猫撫で声でシール貼ってもらっていたりする。


かなわない・・・なりたてファンの私には・・・、

まだ出来ない芸当だわ・・・。


でもね・・・しょう油売り場の私はと言うと・・・

王子のことで頭が一杯!






魂は完全に肉売り場。


いてもたってもいられなくなり・・・






足はフルスピード、オートマティックで肉売り場へGO!!


でもね・・・

私はまだ恥じらいがあるファンだから・・・、

肉売り場の一歩手前で立ち止まり・・・、

また涼しい顔でこう言うの。






「なにかしら?この騒ぎは・・・

珍しいお肉でも売っているのかしら?」(棒読み)


何気ない顔でして、

ソロソロと肉売り場に近づいて・・・

でも、しっかり肉を凝視する!




なんてこと!!!


もーーー!

あと一歩なのに!!

ヒレ肉まだじゃない!!

そんなこと態度にも口にも出せないから・・・

再び涼しい顔して肉売り場を去るしかないわ。






そして、また旅に出る・・・。

意味もなく、スーパーを練り歩く旅・・・。


きっと、万引きGメンがいたら

要注意人物でマークされるわ・・・。


スーパー2周後・・・私は思う。


「もうそろそろ、私の目当てのヒレ肉にも・・・

あの素敵なシールが付いている頃・・・」






肉売り場に戻ると、な、なんと!!


シール王子の姿がない!!!





大変だわ!

王子、任務完了だわ!

早く行かなきゃ売り切れちゃう!






ここから先、もう理性は利きません・・・。


猛ダッシュで






はっ!!!!





シールがない!

私が愛して止まないあのシールが

貼られてないじゃないの!


なによ!

シール王子ったら・・・

どうしてこれに貼ってはくれないの?


お惣菜売り場、

明日の日替わり弁当はヒレ肉弁当?


弁当のおかずに姿を変えて登場させるって魂胆ね!

王子ったら!!キーーーッ!


胃袋は、すっかりヒレカツ・・・

もう誰が何と言ってもヒレカツ!

だったのに・・・






私はステキなシールのついたひき肉を手に

レジへと向かう・・・。


シール王子・・・

明日もあなたに会いにくるわ・・・。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ハンカチ王子の出現で、この年、何かと「○○王子」が流行りましたね。私の記憶が正しければ、この記事「めざましテレビ」で紹介され、初めてテレビの取材を受けました。





Узнать как https://alfaakb.com недорого с доставкой.