ボン柄パン


アンデルセンというパン屋さんのエトランゼという渦巻き模様クルル曹長のマークのパンが私、大好きなんですがね。

これ買うたびに思い出すことがあるんですよ。


かつて客室乗務員をしていた時のこと。

同期とアメリカのショッピングモールでシナボンという名前のシナモンロールを食べていた時。

彼女が真顔でこう言ったのですよ。


「ねぇ、渦巻き模様のことをボンって言うんだね・・・」


と。


「?」・・・あんぐり


クリームを大量にシナボンにつけながら彼女は続けて言った。


「だって、これシナモンロールなのに、シナボンって言うじゃない?


でね、ほら、バカボンのほっぺについてる模様って渦巻きでしょ?


あれも渦巻き模様だからバカボンだったのね。


私、長い間、なぜバカボンなのかって不思議だったけど、やっと今すっきりしたわしあわせぇ~DASH!



リアリーー?えーっ!!はっ



バカはおバカ、で、ボンはボンボンというか坊ちゃんという意味合いでついたんじゃなかった?私、変に解釈してた?


英語で渦巻き模様のこと、ボンっていうんか・・・?


(自分のことは棚に上げて)一応客室乗務員=英語も得意!な彼女が言っているんだから・・・そうなのかしれない。

そっか、渦巻き模様は「ボン パターン」とかいうのかもしれない・・・。

覚えとかなきゃ!


でね、ホテルに帰って急いで和英辞書で調べたんだけど、

渦巻き、渦巻き模様のどちらにも「ボン」なんて言葉は(もちろん)どこにも載ってないじゃんむかっ

やっぱし! あり得ないちゅーーーの!ウシシ2むかっ

(↑急に強気)

それにしてもシナボン見て、バカボンのほっぺ思い出す人いる?

でもって、そういいながら、あの日から数年経った今でも活用している人間(私だよ)も。

きっと言った本人はそんなこと忘れてる・・・と思いながら。



「あっ、そうだ!

ボン柄パン買って帰~ろう音譜