今日、背中の開いた服を着ていたんですが、背中の毛が気になりましてね・・・。

駅まで行く道、まるで

「お前は忍者か?」

と突っ込み入れられてしまうような・・・背中を壁にくっ付けて歩いてました。

あのー、今現在、私の背中の状況どうなってます?


私の背中、夫いわく

「鳴門海峡のような渦が


モンモンのように描かれている」

んだそうだ。

マジっすか?

体毛・・・薄くはないけど、異常に毛深いわけでもない。

そんな私の背中に

鳴門海峡が繰り広げられているというのか?

自分で見えないから確認のしようがない。

しかし、背中の毛って・・・見えないだけじゃなく、

自分でどうやって処理すると?

(ごめん、バンビ~ノ!見ながら書いてます)

背中の毛には私とても苦い経験がある。

あれはまだ結婚して初めての夏を迎えたとき。結婚式に招待された私は、背中が大胆に露出したドレスを着ていくことにした。

そこで問題なのが、背中の毛。

まだフレッシュ・ラブラブの夫に頼んだのである。

何を?

はい、毛剃りを。

まだ私も初々しい新妻でしたから、頼むのも恥ずかしかったんですがね。

「あのね(モジモジ・・・)背中の毛をね・・・(モジモジ)剃って欲しいんだけど(モジモジ)」

「いいよ、いいよ。ぼくが剃ってあげるよ、ハニ~!

                                    (花輪君風)

ダ~~~リン、ありがとう!


ところが翌日・・・。




坂本龍馬です!
だから龍馬と名づけたわけではないそうですが・・・



♪鳴門海峡冬景色~
汗をかいたら、蟻地獄?グルル~



ソリソリジョリジョリ
♪あんな時代もあぁ~たねと~♪恥らってます



斬り!
これじゃ鳴門海峡の方がまだマシじゃん?



で、どうしたかって?

式場でそれこそ忍者と化してましたよ・・・。