私は小5から中3の5年間を
父親の仕事の関係で台湾に住んでました。


今でこそキレイな街、おしゃれな街の台湾ですが、
私が住んでいた頃は、まだまだ発展途上の・・・
ワイルドな国でした。


でも、そこで私は実に日本では味わえない
色々な体験をすることができました。

今の私の原点はこのときの貴重な経験が大きいです。

今日はその当時のネタを1つ。

 

                

台湾に行ったばかり・・・。

まだ中国語もさっぱりな母、姉と私。

地元の中国料理屋さんに行った。




メニューが

漢字・・・漢字・・・漢字・・・・




雰囲気的に・・・これって・・・・




そう思い注文した。

もちろん片方の手の指でメニューを指差し、

もう一つの手の指で「1」を作り・・・


「お待たせしました~」(中国語)




やったーーー!!から揚げ!

大成功じゃん!
 

と、ところがどーよ!




三人に何が起こったのか?

目の前には何が?
         つづく~


なーんて意地悪なことはしませんよ!

これが来ました!

これ!




ひえーーーーーー!あせる 

なぜ死んだ鶏の頭付きよ?


そんな飾り要らないよ!

それも、もちろんモノホン!


白目で悲しげでした。

恨んでいるようでした・・・。




私と姉はその顔に震え、とても箸を付けられない・・・。


しかし、母は強かった!

「こーすればいいのよ!」
と言ってさっと応急処置?




ナプキンをかぶせました。
 

「これなら食べられるわね」


って。


あのーーーー
そーゆー問題じゃなく・・・・


結局、このから揚げ生首付きは1つも食べることなく・・・

でも、台湾は残したものは基本、お持ち帰りのお国で・・・

わざわざ包んでくれました。


家に帰ると、

愛犬のロロがしっぽを振ってやってきた。

本当にかわいい犬で、優しくて、頭が良くて、

そして決して吠えないし、いつも穏やかな犬でした。


母がロロに残したチキンをあげました。




ロロはとても喜んで・・・・ぱくり!


すぐに

母の絶叫ーーーーーー!




生首を銜えるロロに母ははじめ、とても優しく言いました。


「ロロ、ダメ!それペッしなさい!」


ところがロロは聞きません・・・・

いつもはあんなに聞き分けのいい子なのに・・・。
 



ところが、ロロは・・・・
まるで何かがとりついたように・・・



そして、ゴックン!!!
初めてロロが私たちに反抗したショックングな出来事。