いつも通る道。いつも目にする見慣れた風景。

だけど、気がつけばある日、

そこが更地になっていたりすると・・・


あたし・主婦の頭の中


どうして思い出せないのだろう。

以前そこに一体どんな建物が建っていたのか・・・。



あたし・主婦の頭の中


よく見ていたはずなのに、

目の前に現れた見慣れない空間に記憶が曖昧になってしまう。


あたし・主婦の頭の中


うん・・・私も一瞬そう思ったんだけどね・・・

でも違うみたい。


あたし・主婦の頭の中

当たり前のようにそこにあったものだけど、

ある日、パッと姿を消してしまったら、案外思い出せないまま、

人々の記憶からなくなっていくものなのかもね・・・。


あたし・主婦の頭の中


うちの近所にビルがある。

そのビルの前では、いつもそのオーナーのIさんのおじいちゃんが

ゴルフの素振りをしている。


あたし・主婦の頭の中


この家に引っ越してきた、3年前のことだ。

学校帰りの長女と、駅で待ち合わせをした。

ところが、それをすっかり忘れた長女が家に帰ってしまい・・・。

私は駅でずっと待っているわ、長女は私がどこに行ったのか

家に入れないで、近所をウロウロしていた。

そんな時に、このおじいちゃんが娘に声を掛けてくれたのだ。

そして、そのビルの1階にある事務所で、

娘に電話を貸してくれ、駅で待つ私の携帯が鳴って、一件落着。

そのことがきっかけで、私たち親子はIさんのおじいちゃんと親しくなった。


それからは、会えば必ず挨拶をした。


あたし・主婦の頭の中


会えば、何かしら声を掛けて下さった。


あたし・主婦の頭の中


ところが、去年の暮れ辺りから、

そのビルの前でIさんのおじいさんの姿をぱったりと見かけなくなった。


あたし・主婦の頭の中


そう私が言うと、長女が言った。


あたし・主婦の頭の中


長女の言う通りかもしれない。こんなに寒い日だもんね。

それに、Iさんのおじいちゃんは、毎日、

朝から晩までビルの前に立っている訳でもないのだ。

私たちが通る時に限って、外に出ていないだけなのかもしれないし・・・。そう納得していた。


ところが、春になった少し前のことだった。

Iさんのビルの前に1人のお年寄りが立ってた。

そこは、Iさんのおじいちゃんの定位置のはず。

そう思って、目を凝らして見た私は



あたし・主婦の頭の中


一瞬自分の目を疑った。

そこに立っていたのは、元気に素振りをするIさんのおじいちゃんとはまったく違う痩せ細ったお年寄り、

でも、それは紛れもなくIさんだった。



あたし・主婦の頭の中


Iさんは力なく下を向いていた。

私はショックだった。なんと声を掛けたらいいんだろう。

今までのように、何の迷いもなく「こんにちは!」と声を掛ける

勇気がなかった。

それに、今Iさんに声を掛けたら、涙がこぼれてきそうな気がした。

だから、私はIさんのおじいちゃんが下を向いているのをいいことに、

足早にその場を通り過ぎたのだ。


あたし・主婦の頭の中


それが、私がIさんの姿を見た最後になってしまった・・・。


Iさんの訃報を知ったのは、町内会の回覧板だった。

近所の方の話では、Iさんは病気になり、

ここずっと入退院を繰り返していたのだという。


長女と一緒にIさんにお別れをしに、お通夜に行った。

飾られた遺影の背景は、ゴルフ好きのIさんらしく、

青々としたグリーン、そのグリーンをバックに、

いつものIさんの優しい笑顔がそこにあった。


あたし・主婦の頭の中



そして、当然のことだけど、毎日見ていた当たり前の風景の中から、

Iさんのおじいちゃんの姿は消えた。


今日、学校から帰ってきた長女がこんなことを言った。


あたし・主婦の頭の中



ママもね、今日、あなたとまったく同じことを思っていたんだ。

今日、Iさんのビルの前を通り過ぎた時・・・



あたし・主婦の頭の中


おんなじことを思っていんだ。

人間は、ある日、パッと消えて、

そこに何があったことさえ思い出せない建物とは違うんだって・・・。

だってね、今も、Iさんがゴルフの素振りしながら、


あたし・主婦の頭の中


ママと竜ちゃんに話しかけてくれるそんな気がしたんだよ・・・。


温かいIさんのおじいちゃんとの思い出は、

Iさんが亡くなっても消えることなく、

当たり前の風景の中、これからもそこに在り続けると思ったんだ。



↑この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

前回の記事にもたくさんのコメントをどうもありがとうございました。やっぱり、あった! ピーナッツ! 私の記憶にもテーブルの機械でピーナッツのような「つまみ系」を食べた記憶があったんだけど、夫に言うと、「それはない!」なんて言ったので、あれ? もしかして、台湾での記憶? とか思っていたのですよ。皆さんからコメント読んで、やっぱりあったじゃん! と嬉しくなりました。

まだこの占いマシーンも、回るお菓子バイキングもあるところが、ある! と聞いて、「今の日本も捨てたもんじゃないわね」(意味不明)と思った私です。

それから、松本潤さんのドラマ「スマイル」についての情報、メッセージでいろいろ教えて下さった皆さん、ありがとうございます!こちらでお礼を申し上げます。

では、今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。 



Tweet