子供って、とても純粋でかわいいですね・・・?


10月に夫の父親が亡くなりました。

おじいちゃんの遺影を見るたびに、

3歳の次女が寂しそうにこんなことを言っていました。


あたし・主婦の頭の中


あんまりにも切なそうにそう言うので、

私たちは次女にこう教えてあげたのです。


あたし・主婦の頭の中


「おじいちゃんは星になって、

そうして、竜ちゃんのことを空の上から見守ってくれているんだよ」と。


すると、次女の顔は急に明るくなって・・・


あたし・主婦の頭の中


それからは、夜、外が暗くなると、

必ず空を見上げてこう言うようになった。


あたし・主婦の頭の中


そんな次女を見る度に、私は胸が熱くなった。

そうして、次女と夜空を見上げながら、

亡くなった父のことを想うのだった。


あたし・主婦の頭の中


ある雨の日のことだった。

次女が空を見上げながら、こんなことを言った。


あたし・主婦の頭の中


真っ暗な夜空には、星は1つも出てはいなかった。

だから私は、次女に向かってこう説明した。


あたし・主婦の頭の中


すると、次女はとても悲しそうな顔をしながら言った。


あたし・主婦の頭の中


あぁ・・・子供って・・・


あたし・主婦の頭の中


子供って本当に純粋でカワイイものだ・・・。


そして、つい先日のこと。

夜、車に乗っていた時の信号待ち。

突然、次女が窓の外を見て・・・何かを見つけた。


あたし・主婦の頭の中


そうして、激しく窓を叩きながら、叫びだした。


「おじいちゃん! おじいちゃん!」


あたし・主婦の頭の中


おじいちゃん?

そこは商店街並ぶ狭い街道だった。

ビルに挟まれ、きっと空なんか見えないだろうに・・・。

でも、次女は興奮してこんなことを言い出だしたのだ。


あたし・主婦の頭の中


おじいちゃんがいっぱい? 

おじいちゃんがいっぱいってどういうことよ?



あたし・主婦の頭の中


どういうことかと窓の外を見て、私はハッとした。


あたし・主婦の頭の中


そこには、眩しいくらい、いっぱいのおじいちゃんが!


あたし・主婦の頭の中


おじいちゃ~ん!?


信号が変わり、車は走り出した。

次女は、そんなおじいちゃんに向かって名残惜しそうに

何度も手を振り続けていた。


あたし・主婦の頭の中


子供って・・・子供って・・・


そう、先日は、こんなものまでおじいちゃんになっていたっけ!


あたし・主婦の頭の中


子供ってホントピュアでカワイイ???


次女よ! 

光れば全部おじいちゃんかい?


星だよ!星!

ネオンではない、街灯でもない!!

おじいちゃんは夜空に輝く『星』になったんだって!!


追伸:

これからのクリスマスシーズン、

恐らく街の至るところで

次女はおじいちゃんの姿を見つけることだろう・・・。



↑この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

前回の記事にもたくさんのコメントをどうもありがとうございました。工場見学の記事も読んで下さり、ありがとう!

あの作業着を着たら、工場の人が他人と思えなくて、仲間意識が芽生えて、帰る時、家族と離れるような寂しさに包まれてしまいました。

では、今日も最後までお付き合いくださり、どうもありがとうございました。



Этот авторитетный блог на тематику ведущий на свадьбу киев http://tamada.ua
Tweet