先日、

Iさんという某おしゃれ雑誌のライターさんとお友達になった。

さすがおしゃれ雑誌のライターさんというだけあって、

ホント綺麗でステキな女性。


そんなIさんが私に言ったの。

「カータン、松潤のファンだったわよね?

実は・・・」


あたし・主婦の頭の中


えーーー!! 潤君に会った? それも2回も!!


あたし・主婦の頭の中


潤君という言葉を聞いて、

会ってまだ2回目だということも忘れ、

思わず胸倉を掴む勢いで詰め寄った私。


余りの私の興奮状態にIさんは怯えながら言ったわ。


あたし・主婦の頭の中


「で、潤君はどんな感じ?」

「カッコよかったわよ~

ホント顔が小さくて、白くて・・・華奢で・・・」


「うんうん!! で、もう1回は?

もう1回はいつ? どこで? どんな風に?」


唾を飛ばしながらそう聞く私にIさんは

少し焦らすようにこう話し始めたのよ。


あたし・主婦の頭の中


「カータン、ちょっと聞いてくれる?」


聞くわ! 聞かせて!

ほら、その話を聞いてから

妄想列車に乗る準備までできているから私!


あたし・主婦の頭の中


さぁ、Iさん、私を妄想列車に乗せてちょうだい!



そう、あれはね・・・

今、高校生のうちの息子が幼稚園児だった頃、

母と私と息子3人で新幹線に乗った時のことだったわ。

自分たちの乗る車両に入ると・・・


あたし・主婦の頭の中


どういうこと? この車両って男の子ばかり!

それも皆これでもか!

というくらい可愛い顔した男の子たちじゃない!


あたし・主婦の頭の中


後ろに引率の大人が1人座っているのがわかったわ。

でも、この男の子たちって・・・


あたし・主婦の頭の中


とにかく、この車両は、私たち家族3人以外、

このイケメン集団で埋め尽くされていたの。

半ばその団体さんの貸切状態。

でもって、男の子だからね、

席を行ったりきたりしたりして、とても騒がしかったわ。


でも、私にはそれがかえってありがたかったの。

うちの息子もすぐに飽きてきて・・・

車両を行ったり来たり、

そしたら、その男の子たちが息子と遊んでくれて・・・。


そこで、私聞いてみたのよ。


↑この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

つい妄想していたら、すごく長くなりそうなで・・・すいません、次回に回します。(と言いながら、かなり下らないかも)

仕事で忙しい夫を残し、今夜から娘たちを連れ、湯沢に行ってこようと思ってます。深夜の高速を走るなんて久々で実は怖い。スピードを出し過ぎず、安全運転で行ってきます。皆さんもよいお盆休みを~。