去年の11月、

次女の小学校受験に臨んだ。


ここ2年弱、

美空ひばり親子と思うくらい(古い?)、

娘と二人三脚過ごしてきた。


毎朝、6時半に娘を起こし、ご飯を食べさせ、

出社まで夫がペーパー。





夫が出社すると、今度は私が巧緻性担当。






降園後は、習い事に直行!





通ったのは、どこも親見学型の教室だったので、

私はとても辛かった・・・。


何が辛かったって・・・




できない娘にイライラしたり、


「お母さんに叱られることはありますか?」


の先生の質問に・・・






なんて大きな声で答える娘に・・・





終始ヒヤヒヤさせられたり・・・。


夕方、教室の帰りはいつだってボロ雑巾だった。



帰ってからはバタバタと、

夕飯、お風呂に入れて、

寝る前には絵を1枚。





子供が寝た後は、

やらせておきたいペーパー類のコピー。





気がつけば2時間もコピーし続けていた

なんてこともしばしば。


そして、また朝が始まり~の繰り返し。


寝不足とストレスで、加齢に拍車がかかり・・・


私、知らぬ間に玉手箱開けちゃった?






そんな私を見かねた

お教室の5~10歳年下の若いママたちは

私が教室に着けば





年配の私に気遣ってくれる始末。涙・・・

付添のおばあちゃまに間違えられるのも

時間の問題というくらいやつれていたわ。


願書を書く頃にはストレスもピーク。

ストレス解消と睡魔防止のため食に走り、





やつれながらも、みるみる育っていったわ~。


挙句・・・受験直前は本当にヤバいことになった。





そして・・・秋がきて・・・

受験は終わりを告げた。


私は(娘も?)受験から解放された。

もうストレスからのドカ食いもしないで済むわ!

早いうちに元に戻さなきゃ!

と思ったのもつかの間。


今まで髪乱し奮闘してきた私を知る優しい友人たちが

慰労会ランチを次々に開いてくれた。






その言葉にすっかり甘え、

連日慰労ランチ会巡りをしていたら・・・

気がつけば、ここ数年最高体重記録よ!


ついには、

次女にこんなことまで言われる始末。





このままじゃマズい。

それは私だってわかっているわ。


でも、すっかり暴食が身についたこの生活、

そう簡単には変えられないの・・・。


そんな折、スイーツパートナーのモニターの話がきたの。

スイーツパートナー、

生きたまま腸に届く酵母なんだという。



そう言えば、

前によしもと美容番長のシルクねえさんと

美容ブログを書いている と

某番組でご一緒した時、お2人とも





と言っていたっけ・・・。


これはこの機会に試してみる価値ありじゃない?

とモニターに参加してみることにした私。



あたし・主婦の頭の中

酵母がいいとは聞いていたけど、

実際、なんでいいのかよくわからなかったんだけど、

腸で糖質や脂質を分解してくれるんだって。


だから、太りにくくなるみたい。

1日2~3包、1杯程度の水で飲めばいいんだって。


飲んでみた感想は、正直味的には私は少し苦手~。

でも、友人のBちゃんに飲んだ感想を聞いたところ






と、感想は人によって違うみたいね。


私は美味しいとは思わないけど、

スティックタイプだから、一気に飲める分、

苦にはならなかったわ。




そして、飲み始めて1ヶ月。

その間、年末年始も過ごしたわけだけど・・・



結果発表!!






えっ?効果なし?

と一瞬思ったけど、よーく考えて?

いやだわ、私ったら何贅沢なこと言ってるのよ。


年末年始の私ときたら・・・





あれだけ食べて太らなかっただけでも、

すごい成果じゃないの!


そして、何より変化があったのは・・・

毎朝スッキリ。だから、気分も体調もいいの!


それからね、

嬉しいことがもう1つ。


この間、同じお教室に通ったママに会ったら






って!!


春の入学式まであと少し?

付添のおばあちゃまに間違えられないように

ママは頑張る!

高齢母の飽くなき挑戦は続くのよ~



スイーツパートナーは


この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この頃、まずは打たずに(←注射とかね)加齢を食い止められないかと考え、(夫の)ボーナスで年齢化粧品も一式買いました。「効果が出たと思ったら、遠慮なく言ってちょうだい!」と家族に伝えてあるのに、まだ何も言ってくれません。日に日に肌のコンディションがよくなっているように私自身は感じているのに。恥ずかしがり屋の家族のようです。

それにしても、去年は精神的にも肉体的にも本当につらい年でした。でも、その分、ネタは限り蓄えられた!教室のママたちとどれだけ泣き笑い励まし合ったか。スポ根に近いものがありました。この話、いつの日か、笑い話として書けたらなぁと思ってます。




В интеренете нашел авторитетный веб портал , он описывает в статьях про силиконовый шланг для кальяна.