もうすぐ卒園ということで、

幼稚園で親子お楽しみ会が開かれたのは、

月曜日のことだ。


そのお知らせを見た時、

真っ先に目に飛び込んできたのは・・・



あたし・主婦の頭の中



親子で一緒に縄跳びをして、

どの親子が一番長く跳べるかクラスの中で競うのだそう。


その話をね、50代の友人に話したらね・・・



あたし・主婦の頭の中



なるほど、そう言われてみれば園ママは若いし、

体力があるから縄跳びもへっちゃらですよね~


そう返したら・・・お姉さま、声をひそめてこう言ったわ。



あたし・主婦の頭の中



「私たち世代にとって、縄跳びなんて危険行為よ~

カータンは大丈夫?ちゃんと当てて行きなさいね~」


そうアドバイスされたけど、

まだなんとか大丈夫です、お姉さま!


私はお知らせを見た時からワクワクしていたのよ。


縄跳び・・・?


あたし・主婦の頭の中



次女は年中の夏、

「猛獣使い」と呼ばれる縄跳びの猛特訓を受けていた。


何が猛獣使いの特訓かって?


連日、私が次女を相手に

超スパルタで縄跳びを教えていたその姿を見て、

夫がぽつり・・・。



あたし・主婦の頭の中



確かに縄を振りかざし、

「ダメだ!ダメ!」「違う!違う!」「もう一度!」

ビシバシ教えていた私は、猛獣使いに見えたのだろう。

いいえ、私こそが猛獣だった?


でも、その猛特訓のかいあって、

次女はかなり縄跳びが得意になった。

調子がいいと、200回くらい平気で跳べる。


そして、私はというと・・・

よく縄跳びダイエット(3日坊主)をしているので、

縄跳びは得意なのだ。


塵も積もれば・・・じゃなかった

3日坊主も積もれば、得意になる!ってもんなのだ。


私は誓ったわ!



あたし・主婦の頭の中



早くもこんなシーンが頭をよぎる。


当日、若いママに混じり、私たち親子は最後まで跳び続け・・・



あたし・主婦の頭の中



そうして、若いママたちは口々に言うの。



あたし・主婦の頭の中



若いママたちにチヤホヤされ・・・

ふふふ・・・縄跳び大会が楽しみだわ!



そして、迎えたお楽しみ会当日。

いよいよ待ちに待った親子縄跳び大会が始まったわ。


先生が言った。



あたし・主婦の頭の中



私と次女は跳び始めた。

悪いけど、猛獣使いの特訓の成果よね~



あたし・主婦の頭の中



私たちは、息もぴったり!


私はこの時、確信した。


「絶対に私たちは優勝できるわ!!」


練習時間、

他の親子が引っ掛かっては跳び直し・・・している中、

私たち親子は、ノンストップで、跳び続けることができたわ。



あたし・主婦の頭の中


優勝の最有力候補は私たちね!



「では~練習をやめてください」


先生の声で練習時間は終了ね。



あたし・主婦の頭の中



いやだ~練習時間、

休みなく跳び続けていたから息も上がってしまったようね。


本番まで呼吸を整えないといけないわ!

そう思っていたところに、先生の声よ。


あたし・主婦の頭の中


えっ?

ちょっと~、女の子からなんて聞いてないわ!

まだ息がこんなに切れているじゃないの。


そんな私を見て、次女が心配そうに見上げたわ。



あたし・主婦の頭の中


いやだ、これくらいなんてことないわ。



あたし・主婦の頭の中



先生の声が体育館に響き渡った。


「それでは始めてます! よーい、スタート!」



さぁ、優勝目指して跳び続けるのよ!



あたし・主婦の頭の中



と跳んだ瞬間よ。



あたし・主婦の頭の中



手の回転に縄がついてこない・・・?って・・・

どういうことよ!!


急いで視線を下にしたら・・・


あたし・主婦の頭の中



な、なんてこと!! まだ1回も跳べてないのに!!



あたし・主婦の頭の中



原因はこの私・・・?



楽しそうに跳び続ける親子たちの中に

早々と腰を下す1組の親子がぽつん・・・。



あたし・主婦の頭の中


練習で体力使い果たしてどうするのよ!

来年の教訓にしなきゃ!!


・・・って、

もう卒園じゃないのよ!!キーーーっ!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この季節、よくテレビでビュンビュン跳ぶ花粉の映像とか見るたびに、「ふん!私はあの黄色い粉全身にかぶっても全然へっちゃら~」と思っていたのに・・・・。まだね、認めていませんが、目が痒い、鼻も痒い、耳も痒い・・・くしゃみが出る! 花粉症に似た症状に襲われてます。(←花粉症だって?)認めたら最後、花粉症に飲み込まれる、完全にやられるとあがいています。

консультация на сайте renesans-centr.kiev.ua

Tweet